1. TOP
  2. 亡くなった方の出生から死亡までの戸籍が必要な訳

亡くなった方の出生から死亡までの戸籍が必要な訳

戸籍が必要な場合

亡くなった方がいると、相続が始まります。

そうしてまず行わなくてはならないのは、相続人が誰になるかを確定です。

法律で誰が相続人になるかは決まっているので、その順に沿って決めていきます。

そうして決まった相続人が法定相続人となります。

相続がかかわる様々な手続きをする場合には、相続人すべての承諾や印鑑が必要な場合が多くあります。

その場合は、これが法定相続人全員なのだということを証明する必要があり、亡くなった方や相続人の戸籍謄本などを添付になります。

相続 手続き

特に亡くなった方の戸籍が何度も移り変わっている場合は、それ以前の記録を以前の本籍地などへ行ってとってこなければなりません。

子どもなどが他にいる可能性があるからです。

他に法定相続人となる人物がいないことの証明として、原則亡くなった方の出生から死亡までの戸籍が必要だということになっているのです。

戸籍をすべてそろえるのは大変なことです。細かい手続きは専門家にお願いするとよいでしょう。

相続人を探す@所在不明の法定相続人を見つけるテクニック
相続人 探すトップページへ

関連記事

  • 養子縁組や代襲相続な複雑な相続

  • 隠し子は認知の有無が重要:法定相続人の知識

  • 遺言と遺留分について:法定相続人が見つからない時

  • 相続人を探す前に、知っておきたい相続人とは

  • 音信不通の法定相続人を探したい!相続人の確定・所在

  • 離婚や再婚で困難になっている法定相続人探し