1. TOP
  2. 離婚や再婚で困難になっている法定相続人探し

離婚や再婚で困難になっている法定相続人探し

離婚や再婚で困難:法定相続人探し

相続手続きを開始する際に、法定相続人探しを行うことがあります。

誰が法定相続人なのかが不明確な場合、きちんと法定相続人探しを行うようにしないと、後から法定相続人が出てきて争いになってしまうことが考えられるためです。

しかし、法定相続人探しを行うことが困難なケースもあります。

たとえば、離婚をしてから長い年月が経過していて、どこに住んでいるのかが分からなくなっている場合です。

離婚をしただけではなく、再婚している場合となると、さらに法定相続人探しが厄介離婚や再婚で困難になっている法定相続人探しになります。

しかし、被相続人の子どもがいる場合は、きちんと探すようにしなければなりません。

日常的には接点がなかったとしても、相続権はあるわけですから、相続手続きが完了した後に、相続手続きが行われた事実を知った場合、相続財産の請求を受けることになる可能性があります。

法定相続人探しを徹底して、子どもの存在を突き止めることで、トラブルを未然に防止ができるのです。

相続人を探す@所在不明の法定相続人を見つけるテクニック
相続人 探すトップページへ

関連記事

  • 隠し子は認知の有無が重要:法定相続人の知識

  • 法定相続人に未成年がいた時には

  • 養子縁組や代襲相続な複雑な相続

  • 遺言と遺留分について:法定相続人が見つからない時

  • 音信不通の法定相続人を探したい!相続人の確定・所在

  • 相続人を探す前に、知っておきたい相続人とは