1. TOP
  2. 隠し子は認知の有無が重要:法定相続人の知識

隠し子は認知の有無が重要:法定相続人の知識

隠し子の認知

相続の手続きを行う際は、法定相続人探しを行うことが大切です。

しっかりと法定相続人探しを行うことで、法定相続人を全て見つけ出し、適切な手続きを進めることができるようになります。

法定相続人探しを怠ってしまうと、財産の分割が完了した後に相続人が出てきたりして、トラブルになる危険があります。

法定相続人探しをしていて、被相続人に隠し子がいた事実が判明するケースがあります。

隠れた相続人とも言われるケースですが、普段は関わりがないため、簡単には気づかなかったりするのです。

隠し子については、被相続人が認知していたかどうかが重要になります。

被相続人の子であったとしても、認知されていなければ、相続手続きの際に法定相続人として取り扱われることはありません。

隠し子 認知

ただし、死後認知という方法もあります。隠し子が、被相続人が亡くなった後、3年以内に死後認知の訴えを起こすことで、事前に認知されていた場合と同様の効力を持つようになります。

相続人を探す@所在不明の法定相続人を見つけるテクニック
相続人 探すトップページへ

関連記事

  • 法定相続人に未成年がいた時には

  • 亡くなった方の出生から死亡までの戸籍が必要な訳

  • 離婚や再婚で困難になっている法定相続人探し

  • 音信不通の法定相続人を探したい!相続人の確定・所在

  • 遺言と遺留分について:法定相続人が見つからない時

  • 相続人を探す前に、知っておきたい相続人とは