1. TOP
  2. 相続人を探す前に、知っておきたい相続人とは

相続人を探す前に、知っておきたい相続人とは

相続 民法

相続人を探す前

ある人が死亡したときに、死亡した人を被相続人、その人が残した財産を遺産と言います。

ここでいう財産には、現金、土地等はもちろん、借金などの負の財産も含まれます。

それでは、その遺産を受けつぐ人は誰なのでしょうか。

被相続人が正式な遺言を残している場合、遺言に従うことになります。

被相続人が正式な遺言を残さなかった場合については、民法の規定に従い、相続人が相続します。

死亡した人の配偶者は常に相続人となります。そして、その他の相続人がいる場合には、その人とともに相続することになります。

相続人を探す前に、知っておきたい相続人とはその他の相続人とは誰なのでしょうか。

まず、死亡した人に子供がいる場合、その子供が相続します。

子供がすでに亡くなっている場合でも、すでに他界した子供に子供や孫など(直系卑属)がいる場合はより近い世代の直系卑属が他界した子供に代わって相続します。

また、死亡時点での胎児も生きて生まれれば子供に含まれます。

次に、子供がいない場合、死亡した人の両親や祖父母(直系尊属)がいる場合、その人が相続します。

父母も祖父母もいる場合は、より近い世代の人が相続人になります。

直系卑属も直系尊属もいない場合、死亡した人の兄弟姉妹が相続します。

兄弟姉妹がすでに他界している場合、他界した兄弟姉妹の子供である甥や姪が兄弟姉妹に代わって相続します。

但し、先に述べた子供がすでに他界している場合と違い、甥や姪も他界している場合にその子供が相続することはありません。

被相続人の内縁の妻や子供の配偶者(嫁など)は相続人にならないことも注意が必要です。

相続人を探す@所在不明の法定相続人を見つけるテクニック
相続人 探すトップページへ