相続人探し

相続人探し

相続人探し

このサイトは、相続人を探したい!
法定相続人を見つけ土地・建物の相続をきっちりしたいと思っている人のために、そのテクニックを紹介します。


所在不明の相続人

人探しは、時間がかかります。
実は、お金もかかることを知っていますか?
闇雲に、遠方に足を運んでも、交通費や宿泊費がかかりますし、2箇所、3箇所となれば、その金額がかさみます。

対象となる人の情報がどれだけあるかによって、全てが変わってくるため、
もし、ある程度の情報が揃っているということであれば、興信所や探偵に調査をお願いするのが一番です。
探偵に調査をお願いすることで、ピンポイントにプロの仕事を期待できるため、積極的に活用したほうが問題解決の一番の近道となるのです。

相続人探し、人探しに定評のある探偵事務所なら、
テレビの調査番組でもよく目にする”原一探偵事務所”がオススメです。
http://xn--t8j4a588utij.biz/ohaka/haraichi
公式ホームページはこちら >> http://www.haraichi.co.jp/ <<
*まずは無料相談、WEBお問い合わせを活用がおすすめです。





相続/遺産問題

相続者全員が揃わなくて困っている。

親族に行方不明者がいる。

親族が行方不明で、遺産分割が進められない。

行方不明の親族を探して、捺印が欲しい、できれば、代わりにサインをもらってきてほしい。


相続で厄介なのが、消息不明の法定相続人の行方。

身内や親族の方がなくなると遺産相続が発生します。

しかし、相続人の中に行方不明者がいると、遺産分割がスムーズに進めることができません。

遺産分割協議は、相続人全員の同意が必要なため、所在確認を必要としている人も多いでしょう。

また、田舎にいくと、ひいおじいちゃんの代からの土地や山をそのままにしているということも多々あるようです。
後回し、後回し・・に。

そんなときに、すばやく調べる方法を紹介します。



人探しの基本

相続人探しの第一歩は、生前生活していた場所に赴き、現地調査が基本です。

刑事ドラマでいう足で稼ぐという地道な作業がそれです。

そこから見えてくるものを基本に、新たな引越し先、同居人等の情報を元に次の地へ再調査にいきます。

地道な作業ではありますが、初速不明の人を探すことはこれしかありません。

もう1つ、ポイントとなるのは1人では時間がかかります。
よって、家族、親族でで分担し、無駄のない調査も必要となります。




所在不明の相続人

人探しは、時間がかかります。

それに伴い、お金もかかります。

闇雲に、遠方に足を運んでも、交通費や宿泊費がかかりますし、2箇所、3箇所となれば、その金額がかさみます。


そんなときに活用したいのが
興信所や探偵事務所の調査です。

探偵に調査をお願いすることで、ピンポイントにプロの仕事を期待できるため、積極的に活用したほうが問題解決の一番の近道となるのです。

とはいえ、闇雲に依頼してはいけません。
そこで、探偵事務所をどこにするのか?

まず探偵事務所の無料相談が近道

行方不明の場合の人探しはプロに任せるのが一番です。

ただ、料金がいくらかかるのか?最短の期間で探してもらうことができるのか?

それは、お問い合わせしてみるまでわかりません。

足取りの追えるような情報があれば、短期間に低予算で相続人探しがすむ場合が多いです。

そこで、メール無料相談がオススメです。
人探しに強い原一探偵事務所のホームページはこちら
http://www.haraichi.co.jp/



相続人探しなら探偵事務所に依頼を

法定相続人・人探しなら原一探偵事務所

テレビの特番(テレビ朝日「奇跡の扉TVのチカラ」、TBS「徳光和夫の感動再会“逢いたい”」、失踪人追跡スペシャル
★家族が絶体絶命!失踪人を探せなど)で浮気調査や人探しで登場する・探偵協力しているのが原一探偵事務所です。

【原一探偵事務所】
オフィシャルサイトはこちら
http://www.haraichi.co.jp/
*まずは無料相談、WEBお問い合わせを活用がおすすめです

人探しの実績は、他の探偵事務所に追随を許さず、探偵事務所の第一線として活躍しています。
その原一探偵事務所の得意分野が人探しを含む相続人探しです。
少ない情報を元に、聞き取り調査・人海戦術を含む組織力は、プロの仕事そのものです。

実績は、口コミで広がる探偵依頼は40年で7万件以上!一本のお電話から始まる調査活動はもちろん、テレビ番組への調査協力なども。
その中でも、人探しである「家出人・失踪人捜査」は業界No,1の実力です。






法定相続人調査について

相続は誰にでも起こるものですが、用意周到な方はそうそういません。最近は相続税法の改正があることから、テレビや雑誌等でも相続が大きく取り上げられることが多くなりました。税金の納付以上に気をつけなければいけないことは、誰がどれくらい相続をするのかという問題です。誰が相続をするのかということは民法により法定相続人が決まっており、必ず配偶者が優先することとなっています。子供がいる場合には配偶者と子、子がおらず父や母などが存命の場合には配偶者とその父や母が法定相続人となります(隠し子が発覚した場合も同じです)。しかし、その被相続人が婚姻を繰り返していて異母兄弟がいる可能性があるときや婚外子がいる場合、または音信不通などの行方不明者がいる場合には存続が困難を極めます。なぜならば相続が確定したと思ったあとに、それらの方が現れた時は正当な権利者として法定相続分あるいは遺留分を請求することができるためです。つまり、法定相続人が本当に知れたる人のみだけであるのか調査の上、確認しておかなければならないということになります。調査には被相続人との親族関係が明らかにできる戸籍関係の書類を取り寄せることになります。預金口座や車両などの名義変更にもこれらの戸籍書類が必要です。戸籍類は本人の本籍のある役所でしか取得できません。相続税の申告が必要な場合には、相続開始から10ヶ月以内に税務署に申告しなければなりません。四十九日を過ぎたならば、親族の調査は早めに済ませておいたほうがよいでしょう。
(法定相続人,戸籍,法定相続人探し,養子縁組,代襲相続,離婚,再婚,子ども,認知,隠れた相続人,死後認知,遺言書,家族の知らない人,未成年,遺産分割協議)


【原一探偵事務所】
オフィシャルサイトはこちら:http://www.haraichi.co.jp/





隠し子は認知の有無が重要/ 離婚や再婚で困難になっている法定相続人探し/ 養子縁組や代襲相続な複雑な相続/ 音信不通の法定相続人を探したい/ 遺言と遺留分/ 法定相続人に未成年がいた時には/ 亡くなった方の出生から死亡までの戸籍が必要な訳/ 相続人を探す前に、知っておきたい相続人とは/

TO TOP